人間ドックで指摘された場合

緑内障とは視神経と視野に特徴的な変化を認める疾患です。
緑内障の初期だと、自覚症状を伴わないことが多いため、自分では気づきにくく健康診断や人間ドックで診断されることが多いです。

視神経乳頭陥凹、視神経繊維層欠損と診断

健診で行う眼底検査(眼底カメラ)は、多くの場合、肉眼的に見て評価を行うので、「視神経乳頭陥凹、視神経繊維層欠損」等の結果が出た場合、眼科受診をしてOCTによる画像解析や視野検査等を受けることが望ましいです。

眼圧が高いと診断

眼圧が高い=緑内障ではないですが、眼圧は緑内障の重要なリストファクターであるので、健診で高眼圧を指摘された場合も、眼科受診をして、精密検査を受けることが望ましいです。

※ある種の緑内障は、近視との関連性が高いとされています。
コンタクト処方の際の眼科受診で、緑内障の可能性を指摘されるケースも増えており、そのような場合も、精密検査を受けることが望ましいです。

《経過観察になった場合》

定期的に眼圧が高くないかのチェックと3ヶ月から半年に1度、精密検査が必要になります。精密検査の内容としては、視力・眼圧・視野検査・OCT(光干渉断層計)を行います。

自覚症状があまりないため、定期的に視野の検査をして進行具合を確認し、場合によってはそこから治療開始になることもあります。

《治療になった場合》

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。閉塞隅角緑内障の発作時に有効な治療法としては、点滴療法が挙げられます。
検査をして視野が欠けていて、緑内障と診断を受けた場合には治療が必要になります。まずは、眼圧を下げる目薬から始めていきます。

緑内障専門外来担当医

院長

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名