外傷性緑内障とは

眼球を打ち付けたりする鈍的外傷が誘因となって発症する緑内障を「外傷性緑内障」といいます。

症状・原因

  • 眼球を打ち付けたりする鈍的外傷が誘因となって発症する緑内障を「外傷性緑内障」といいます。この緑内障は何らかの外傷や疾患があって、それに引き続いて発症する続発性緑内障に分類されます。外傷の場合は、流出路(隅角)が損傷したり、血球成分などが詰まったりすることで、眼圧を上げてしまいます。また、眼球を強く打ったあとしばらくしてから、虹彩のつけ根が眼球壁から外れ、線維柱帯の機能が悪くなって隅角が後退し、眼圧が上がります。外傷を受けた後、時間が経過してから眼圧が上昇する頻度は1割ほどとなりますが、場合によっては10年以上経過した後に症状がでる場合があります。損傷の程度が大きければそのリスクは高まります。そのため、以前に前房出血を伴う鈍的外傷を負ったことのある方は、定期的な眼科での検診が必要になります。視力・視野検査、眼圧検査、眼底検査などを行い、充血や炎症を判断し、原因となる元の病気、合併症についても検査が必要となります。
  • 外傷性緑内障

緑内障専門外来担当医

院長

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名