視野検査を行うにあたって

片目の視野に異常が出はじめても、もう片方の正常な目が欠損した部分の情報を補ってしまうので、視野の異常は気付きにくい事が多いとされています。検査は片目で30分程度かかります。お時間のかかる検査になりますので、検査の際にはご予約が必要になります。上記は一般的な説明です。検査をご希望の方、症状が気になる方はスタッフ、医師にご相談ください。

ハンフリー視野計

視野計の内側に顔を固定して中心のマークを見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら、手に持っているブザーを鳴らして、視野の範囲や欠落部を調べます。片目ずつ行い、両目の検査が終わるまでに30分くらいかかります。

ハンフリー視野計の表れ方
正常な視野 欠損が現れた視野 アクセス
正常な視野 欠損が現れた視野 実際の見え方(イメージ)
黒い部分が、見えないところです。正常な視野では、盲点のみが黒くなっています。
提供メーカー

ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計は見えている範囲と感度を検査する視野計です。中心の固視灯を見ていただいた状態で、周辺から中心へ光を近づけて、見える範囲をお調べします。ハンフリー視野計と異なり、動いてくる光を用いて検査をするので「動的」、光の強さ・大きさを変えて感度を調べるので「量的」と表現でき、動的量的視野検査と定義されます。ゴールドマン視野計での検査結果は疾病の診断の他、身体障害者の視覚障害による等級判定にも用いられます。

視野結果の表れ方
正常な方の視野結果
正常な方の視野結果

こちらがゴールドマン視野計で測定した正常な方の右目の視野です。
一番大きく強い光の視標で耳側に約100度、鼻側に約60度、上側に約50度、下側に約75度見えている正常な大きさです。等高線のように引かれた線はイソプター(等感度線)と言い、視標ごとの感度の限界を示します。光が小さく弱くなるほど、イソプターは小さくなり、小さいイソプター内にある中心が最も感度が高いことがわかります。中心より耳側約15度にある青い丸は、マリオット盲点という部分です。

マリオット盲点とは
  • マリオット盲点
  • マリオット盲点とは誰にでもある「見えないスポット」です。目の奥、網膜にある視神経乳頭にあたる部分が、視野検査を行うとマリオット盲点として検出されます。視神経乳頭は網膜に写った像を脳に伝えるための視神経が束になって眼から脳へと向かう入り口で、視細胞が存在しません。したがって、「マリオット盲点」と呼ばれる絶対暗点(一番強い光も感知できない部分)としてどなたにも存在する暗点として結果に表れます。日常生活では両目で見ているので左右の眼が補い合い、片目で見る場合でも脳が補正をするので、日常でこのマリオット盲点を感じることはまずありません。
緑内障の方の視野結果
緑内障の方の視野結果
こちらは緑内障の方の左目の視野です。
・下鼻側の視野欠損
・下耳側度付近に絶対暗点
といった異常がみられます。
緑内障は視神経が障害を受ける疾病ですので、進行してくると視野に影響が出てきます。この例のような鼻側の欠ける鼻側欠損や鼻側階段の他、20~30度以内に暗点のできる傍中心暗点やブエルム暗点などが緑内障の特徴的視野です。暗点は絶対暗点以外にも、強い光しか感知できない比較暗点と呼ばれる暗点もあり、進行とともに比較暗点が絶対暗点へ変化してゆくことも多く見られます。また、緑内障が進行してしまうと求心狭窄といい、中心に向かいどんどん視野が狭まってしまうこともあります。
疾病ごとの視野の表れ方
疾患名 視野 視野の名称
正常 正常視野 正常視野
加齢黄斑変性
視神経炎
中心性網膜症
中心暗点 中心暗点
網膜色素変性症 輪状暗転 輪状暗点
緑内障 ブエルム暗点 ブエルム暗点
網膜色素変性症
緑内障(末期)
心因性視覚障害
求心狭窄 求心狭窄
上の表は疾患ごとの右目の特徴的な視野を模式的に示したものです。
このほかにも、頭蓋内に腫瘍や外傷などがあり、視覚情報を脳に伝達する視路に障害が及んでいる場合にも視野異常がみられます。左右眼の視野欠損の形から、脳のどの位置に異変があるのかを推測することも可能です。また、心因性視覚障害の視野異常でうずまき状の視野が検出される、らせん状視野などがあります。
提供メーカー

FDTとは

緑内障かどうかの判定は、視野検査によらなければなりませんが、視野検査は暗室で点滅する光を見るため、負担になる検査でした。しかも、緑内障の疑いのある場合、緑内障になっていて治療が必要なのかどうか、定期的にこの検査を受ける必要がありました。 新しく導入されたFDTスクリーナーは、その負担をかなり軽減することができます。緑内障の疑いを簡単に判別する検査は、わずか45秒程度。緑内障が強く疑われる場合の詳しい検査でも、片眼4分程度で終了します。しかも、暗室ではなく通常の照明の下で検査ができます。

FDTの検査の仕方
  • FDTの検査の仕方
  • マリオット盲点とは誰にでもある「見えないスポット」です。目の奥、網膜にある視神経乳頭にあたる部分が、視野検査を行うとマリオット盲点として検出されます。視神経乳頭は網膜に写った像を脳に伝えるための視神経が束になって眼から脳へと向かう入り口で、視細胞が存在しません。したがって、「マリオット盲点」と呼ばれる絶対暗点(一番強い光も感知できない部分)としてどなたにも存在する暗点として結果に表れます。日常生活では両目で見ているので左右の眼が補い合い、片目で見る場合でも脳が補正をするので、日常でこのマリオット盲点を感じることはまずありません。
  • FDT画面
  • まず器械の前の椅子に座って『応答ボタン』を持っていただきます。次に、姿勢が楽な高さになるように器械を調整いたします。額当てに額を付けて下さい。中の四角な白い画面を覗いて下さい。中央に黒い点が一つありますので、それを見ていていただきます。画面のあちこちで時々"ブルブル揺れる"あるいは"チラチラ震える"のが解りましたら手に持っているボタンを押して下さい。(揺れ・ちらつきは小さく揺れるなものや大きく震えるものが有り、全てが認識できるとは限りません)大切なのは白い画面中央の黒い点をじっと見ていていただく事です。この器械の難点は『応答ボタン』を押した時の感触がほとんど無いということですが、確実にしっかり押して下さい。覗いたらまず、白い画面の四隅が見えることを確認して下さい。すでに画面のあちらこちらでチラチラ縦縞の模様が揺れいるはずですので、練習のつもりで手に持ったポタンを押してみましょう。(押したらすぐに離して下さい)周辺で(時には中心で)チラチラ揺れる縞模様のようなものが動いたのがわかったらボタンを押して下さい。
FDTの検査結果の表れ方
  • FDTの検査結果の表れ方
  • FDTは早いだけではありません。視機能障害を調べる検査の一つが視野検査ですが、眼の神経には大きく分けて色・形・視力にかかわる細胞と,物の動き・ちらつきなどにかかわる細胞があります。この視野計はこの"ちらつき"に反応する神経細胞が障害された視野に反応します。 これら2つの最新機器の導入により極早期の緑内障の発見が可能となりました。
    緑内障は、早期発見が大切なので、 40歳以上の方は一度精密検査をされることをおすすめします。

    提供メーカー

緑内障専門外来担当医

院長

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名