緑内障の症状

一般的に自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ欠損してゆく ため、目に異常を感じることはありません。例外として、急性の緑内障発作では急激に眼圧が上昇し、目の痛みや結膜充血、霧視の他に頭痛、吐き気 悪心など激しい症状をおこします。(この急性緑内障発作のときは、すぐに 眼圧を下げる治療が必要です。)

緑内障の種類

原発性閉塞隅角緑内障
水晶体と虹彩後面が接触して虹彩からの房水の流出が妨げられて突然に生じる急性のタイプ。
原発性開放隅角緑内障
房水の流出経路においての異常所見がなく、高眼圧状態が続くうちに発症するタイプ。
正常眼圧緑内障
眼圧が正常値であるのに発症するタイプ。
続発性緑内障
角膜炎やぶどう膜炎など、他の病気などが原因で発症するタイプ。
先天性緑内障
生まれつき房水の出口が異常あり。その流出が悪いために眼圧が高くなり発症(乳児期に発症)するタイプ。
発達性緑内障
生まれつき房水の出口が異常あり。その流出が悪いために眼圧が高くなり発症(成長過程に発症)するタイプ。
ステロイド緑内障
ステロイド剤の副作用で発症するタイプ。
外傷性緑内障
鈍的外傷によって隅角部の血管が損傷を受けると前房中に出血し、血液がたまり(前房出血)、前房出血の量が多いと血球成分が隅角の房水流出部につまって眼圧が上昇し、発症するタイプ。
悪性緑内障
緑内障手術後に生じるタイプ。
混合型緑内障
いくつかの要因によって眼圧が上昇して発症したタイプ。
ポスナーシュロスマン症候群
片眼の虹彩毛様体炎とともに高眼圧をきたす発作を時々起こし発症するタイプ。
血管新生緑内障
糖尿病網膜症に血管新生が起こり、虹彩の血管新生から隅角癒着が起こり、高眼圧となり発症するタイプ。
高眼圧症
眼圧は高値で、視野は正常で眼底の視神経乳頭に明かな異常がない状態。眼圧の正常な人より緑内障に移行する可能性が高いので、定期検査が重要。

緑内障専門外来担当医

院長

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名