緑内障の検査

眼圧検査
眼圧測定検査は、緑内障の検査のひとつです。眼の中には血液のかわりとなって栄養などを運ぶ房水とよばれる液体が流れています。この圧力が眼圧です。
目で見たものを脳へ伝達する視神経が、眼球内の圧力(眼圧)の上昇に圧迫されるなどにより損傷を受けます。
視神経が損傷した分、視野が狭くなり、一度損傷すると元に戻りません。
眼圧の正常値は10~21mmHgといわれています。
ノンコンタクトトノメーターで目に空気ををあて測定し、平均値をとります。
または医師による点眼(ベノキシールなど)により眼球を麻痺させ、直接機械を目にあて測定する場合もあります。(アプラネージョントノメーター)
細隙灯顕微鏡検査
角膜や結膜、水晶体、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。自覚症状を感じやすい、痒み痛みなどは、この検査で発見されることが多いです。
眼底検査
散瞳とはひとみが大きくなった状態のことを言います。通常、ひとみの大きさは周りが明るいか暗いかで小さくなったり、大きくなったりします。つまり、明るいところではひとみは小さくなり(縮瞳)、暗いところで、ひとみが大きくなります。散瞳検査とは、目薬(散瞳薬)でひとみを大きくして観察する検査で、眼底検査が必要な病気や、白内障など水晶体の状態を詳しく調べる必要のあるときなど、眼科ではよく行われる検査です。
視野検査
中心の固視点あるいは固視灯を見ていただいた状態で周辺に光、あるいは視標が見えたらボタンを押していただくことで視野(見えている範囲)に欠損している所や感度の低下しているところが無いかお調べする検査です。当院には主に緑内障のスクリーニングに用いられるFDT、主に中心部の視野についてお調べする静的量的視野計のハンフリー視野計、視野全体をお調べする動的量的視野計のゴールドマン視野計がございます。
OCT(光干渉断層計)
OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計/シラスHD-OCT)とは網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する機械です。 眼底検査を通常のレントゲン写真に例えると、OCTは、レントゲン写真より情報量が多いCTやMRIに匹敵します。 視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影することができるので、視野が欠ける(自覚)症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることができます。
隅角検査
急性(閉塞隅角)緑内障を起こしやすい狭隅角かどうか、また、その程度を把握することができます。また、隅角の状態を見ることで、緑内障のレーザー治療が必要な人もわかります。さらに、虹彩・毛様体・脈絡幕に炎症ができるブドウ膜炎の診断の際にも有用ですし、散瞳検査が安全に出来るかの確認にも使われます。

緑内障専門外来担当医

院長

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名