OCTとは

  • OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計/シラスHD-OCT)とは網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する機械です。
    眼底検査を通常のレントゲン写真に例えると、OCTは、レントゲン写真より情報量が多いCTやMRIに匹敵します。
    視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影することができるので、視野が欠ける(自覚)症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることができます。
  • OCT
    シラスHD-OCTモデル400
    医療用具承認番号:219AHBZX00011000

OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計)の撮影画像

  • 正常な視神経線維層の断層画像
    正常な視神経線維層の断層画像
  • 緑内障の方の視神経線維層の断層画像
    緑内障の方の視神経線維層の断層画像

緑内障の検査では、眼の奥の視神経線維層の厚みを測ります。
正常の人と比べて「どれだけ薄いか」を解析し、視野検査と合わせ検査することで緑内障を判定することができます。
視野異常の検出に先立ち、視神経線維層の欠損が検出されることもあります。

検査ご希望の方はスタッフ、医師にお申し出ください。

緑内障専門外来担当医

院長

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名